FXで勝つためのテクニカル分析 ローソク足を紹介します

FXを攻略する上で欠かせないのがテクニカル分析です。FXで勝つ為には為替の動きを読む力が必要になります。その際に為替の動きをグラフで分析するわけです。実は最近流行りのバイナリーオプションにも有効な力になりますので是非じっくり学びたいものです。チャートのスタイルも様々ですがよく一般的に知られてるのがローソク足ではないでしょうか。ローソク足は実は日本で生まれたものらしいです。クールジャパンですね(笑)今では海外の投資家も利用してるんです。キャンドルチャートなんて呼ばれてるみたいですよ。ですので日本人のわれわれが使わないのは非常に勿体ないと言えます。もしFXやバイナリーオプションをやってる人がいてローソク足を知らなかったら是非この機会に習っていただきたいと思います。ローソク足は始値・高値、安値・高値と四つの値を使って為替の動きを表現する手法、チャートになります。見た目は確かにローソクにみえて長方形で表現します。長方形の下が始値上が終値の場合は陽線となり始値より終値が高いと言う事になります。色は白で表します。その逆が陰線で黒になります。また長方形の上下に長い線があり下のひげは安値、上のひげ高値となります。為替の動きによってローソクの形状が変わっていくから面白いですよ。上下にひげがない陽線だと始値がその日の一番の安値でそこから上昇してる状態だったり、逆に陰線で上下にひげがなければ始値がその日の高値で終値がその日の安値となるわけですね。他にも形状パターンがあって勉強のしがいがありそうです。要するに簡単な投資ではありますが勝つ為にはそれなりに勉強しないといけないわけです。勿論バイナリーオプションも同様です。しかしFXやバイナリーオプションも株などの投資と比べたら少額で投資が出来るのが大きな魅力ですよね。本来なら投資に縁のないような学生や主婦、サラリーマン、フリーターをも投資の世界に招き入れたと考えればこの両者の経済に対する貢献度は高いと言えます。ですのでせっかく始めたのですから利益が出るように頑張ったらいかがでしょうか。