在宅ワークの体験談

好きを仕事にできた!ネットを使った高収入副業の体験談!!

好きを仕事にできた!ネットを使った高収入副業の体験談!!

1.高収入副業の体験談

パートで働くことに抵抗がある主婦の私は、家でできる仕事がないか、ネットで探していました。
最初は四苦八苦しましたが、現在は好きなことを仕事にできる副業に出会えました。そこに至るまでのネット副業の体験談をご紹介したいと思います。

最初は探し方が分からず求人検索サイトなで内職を探していましたが、出てくる募集を確認すると、怪しいものや稼げそうにないものが多かったのです。
「やはり、こんなものしかないのね」と、一旦は諦めていたのですが、ある行動を境に、目を奪われるような在宅の仕事がたくさんあることが分かりました。

2.自宅で働く在宅ワーク

総合的なキーワードで検索できる求人サイトに変え、在宅ワークでキーワード登録したところ、ブログ記事の執筆依頼の案件が出てきました。
その他にも、同様の魅力的な在宅ワークの募集がたくさんありました。ブログを書いている私にとっては、飛び上がりたくなるほど気になる情報でした。

発注者の情報を見ると、クラウドソーシング会社であることが分かりました。この言葉は聞いたことがある程度で、馴染のあるものではありません。
すぐにその会社に飛んで、内容をチェックしてみました。あまりにも突然の出会いに、最初は不安感がいっぱいで、

サイト登録するのもためらったほどです。慎重派の私にとって、ネットの世界は危険がいっぱいという感覚があります。
若い方は、スマホなどに慣れており抵抗感は少ないでしょう。しかし年代的に、ネットに対しては少し警戒感があるのです。

そこで評判などを調べてみました。すると、クラウドソーシングは人気の在宅ワークであることが確認できました。

3.クラウドソーシングと言う副業について

既に行っている人のネット副業の体験談からも、好印象が伺えました。少し安心できたため、思い切ってクラウドソーシング会社に登録してみました。
私が行ったのは、これだけの作業です。まずはシステム内容などについて、しっかり読み込んで全体像を把握しました。

そして実際に仕事の内容を確認すると、最初のきっかけとなった、ブログ記事の募集がたくさんあることが分かりました。
また、アイデアを出すことが好きな私にピッタリの、ネーミング募集があることも分かりました。

まとめ

こちらは、選ばれないと報酬は支払われませんが、そのような作業が大好きな私は、夢中になって提案したのです。
最終的に選ばれた案のお知らせもあり、とても参考になるため、モチベーションがあがりました。ネーミングとして選ばれたこともあり、かなり快感でした。

もちろん、ブログ記事の投稿も日々行っています。どちらも好きなことを仕事にできた喜びでいっぱいです。何より魅力的な在宅ワークに出会えたことに、感謝しています。
他にも主婦がやりがいを感じられる仕事が色々あります。

同じように家で仕事をしたい人や、好きを仕事にしたい人にぜひおすすめしたく、私のネット副業の体験談をご紹介しました。参考にしてみてくださいね。

お小遣いサイトという名の希望とは言い過ぎか

お小遣いサイトは希望である、というのは言い過ぎですかね。安倍総理が、アメリカの議会でおこなった演説で、「希望」とかって言っていたけど、好き嫌いとか、良い悪いとか、そういうことを抜きにして、何だか立派で、すごくて、誇らしく思ってしまったのですが、それは私だけでしょうか。あれだけスタンディングオベーションされると、しゃべっている方も気持ち良くなってくるだろうね。お小遣いサイトでしっかりとスタンディングオベーションされて、気持ち良くなりたいわ。って、無理やりな展開だ。単芝。単芝を覚えたから使ってみたよ。ところで、お小遣いサイトを利用しているのは、どのような人たちなのかという疑問が湧いてきたのです。それにやはり気になるのが、お小遣いサイトでどれだけ稼げるのかということ。お小遣いサイトで稼いでいるというサイトはたくさんあるけれど、本当にそれを信じていいのかわからないからね。でも、本当にたくさん稼いでいる人はいるのだろうから、どうやってそのような情報を見つけるかか鍵ですね。それでもって、どのサイトに登録したらいいのかということまで検討できる情報があるといいのでしょう。実際に使っている人で、本当に稼いでいる人に会うことができたりしたらいいのかもしれません。でもほら、そういう人にお会いして、どういうふうにやっているのかということを聞けたとしても、「自分には無理」ってあきらめてしまうほうだから…っていうか、自分には無理というよりも、その人だから出来たんでしよって思ってしまうのかもしれないな。その人に才能があったからで、自分にはそんな才能はないと思ってしまう。自分にもできると思っているくせに、その人だから出来たのだと考えてしまうのです。これってもしかしたら、自分でやってみて結果が出せなかった場合のショックや現実というものを直視する勇気がないというだけかもしれませんな。やはり、結局は度胸なしということに落ち着くという、いつものパターンなのでした。

元カレがネットビジネスをはじめようとしています

元カレが会社を辞めたと風の噂で聞きました。少し心配になった
ので、みんなに聞くとどうやら自分で会社を立ち上げたらしい
のです。どんな会社なのか聞くと、どうやたネットビジネスに
手を出したようです。商才があるようには見えないので、心配
になりましたがもう別れた人ですから見守るしかないと思います。
元カレには今彼女がいるようですから、その彼女が心配したら
いいのですよね。もう関係のない私がとやかく言う事ではないと
思いました。ただどんな仕事なのかは老婆心ながら気になります。
それで思い切って、メールしてしました。意外と気さくな返事が
戻ってきました。女癖の悪い人なので、元カノの私にフランクに
会話できるんだと思います。元カレが言うには、ネットビジネス
はまだ企画の段階だそうです。すべてが白紙に近い形らしく
構想を練ってると言っていました。そんなことだろうと思い
ました。とにかく大言壮語な人でしたから。一応釘を指すために
ネットビジネスはそんなに簡単なものじゃないと言いました。
元カレはいつも調子だけはいいので、心配です。今の彼女は
果たしてちゃんと元カレを支えているのでしょうか。心配になり
ました。電話を切り、ふと旅に出たくなりました。私も禊をしたいというか、あの元カレをすっぱり断ち切る必要があると思いまし
た。こうして気になるのは、多分未練があるんですよね。旅先を
空想していたら、仕事中で上司に睨まれました。とりとめもなく
広がる空想に自分でも苦笑いです。仕事のレベルも落ちそうです。
今日は家に帰宅したら、元カレの思い出を全部燃やして捨てて
しまいます。焚き火には暑い季節ですが、畑で焼き芋を作るなら
ちょうど良いと思います。元カレの思い出なんて、焼き芋と同じ
レベルです。自宅にないので、帰りにスーパーに寄るしかない
ですね。美味しいさつまいもを買いたいと思います。とても
楽しみです。ネットビジネス・・ははは笑えます。あの元カレ
が、そんな大層なことできるはずないと思います。

インターネットを用いた在宅ワークが広がりを見せています

今現在では、インターネットを用いた在宅ワークの人気が高まってきています。在宅ワークは自宅で仕事をすることになりますが、パソコンが一台あれば出来る仕事は沢山あります。プログラムを作るという仕事や、ホームページの製作代行をする仕事があるのです。個人にスキルが有ればどれだけ仕事をしても良いのであります。
プログラムのスキルを身につけることは簡単な事ではありません。専門の技術書を読んで能力を高めていく必要があります。しかし、その結果として在宅ワークを行うプログラマーになることが出来ます。プログラムの制作は報酬の単価が高いのです。特別なスキルを持っていると言うことがとても大切であります。会社に勤務をしなくてもお金を稼いでいくことが出来る時代になりました。インターネットを通じて仕事の発注や受注をすることが出来るようになったからです。プログラムを作ると言うことに拘らなくても良いです。翻訳をするという業務もありますし、絵を描く仕事もあるのです。つまり、何か1つでも他人に無い能力を持っていればそれが仕事になるということです。
会社で仕事をするのが苦手だという人は在宅ワークをするとよいでしょう。在宅ワークならば時間に囚われずに自分のペースで仕事をしていくことが出来ます。会社は仕事を頑張っても、そうでなくても同じ立場ならば給料は同じです。しかし、個人で仕事をする場合には勉強をすればするほど稼げるお金は増えていきます。これはとても大きなメリットであります。
社会保障や固定給と言うのは会社に勤務をするメリットでもありますが、個人でパソコンを一台使って仕事をして生計を立てていくのも楽しいものです。しかし、稼いだお金が多くなってくると確定申告をするなど、収入に関する手続きを自分で行う必要が出てきます。自宅で仕事をすると言っても退屈な時間はありません。作業量としては会社員とそう変わらないのです。結局のところは自分に合うか合わないかという相性が大切であります。